マンションにはない一戸建ての拡張性というもの

必ずしもそうとは限らないのですが、一戸建ての持ち家である場合には、その建物だけではなく、建物の建っている敷地もまた自分の土地である、という場合が一般的であると言えるでしょう。


もちろん、家は持ち家でもその敷地は借地という場合もあるのですが、建売住宅を購入した場合には、その土地も自分のものになりますし、土地だけを購入してその上に家を建てた場合には、もちろん、その土地は自分のものであるわけです。

この点が、同じ持ち家であっても、一戸建てである場合とマンションである場合との決定的な違いで、そもそも、マンションの場合にはその敷地は建物全体のものなので、当然にその住人の共有となっているか、場合によっては、マンション住人以外の第三者の所有となっているわけです。

快適生活!一戸建てメリメリメリットの情報が必要な方必見です。

つまり、マンションの場合には、その居住ブロックが持ち家ではあっても、その敷地というものがそもそも存在しないのです。



これに対して、その敷地が借地ではない一戸建ての持ち家の場合には、敷地となっている土地も自分の持ちものですから、その地面を自由に利用することができますし、さらにはその地下を利用することもできるわけで、例えば、地下室を設けてそこも住居スペースにしてしまったり、倉庫として利用したり、また、ガレージにしてしまう、といった利用もできるというわけなのです。もちろん、地面だけではなく、当初は二階建てであったものを、改築してロフトを設けてしまうといったように、上に拡張することもできるわけで、要は一戸建てである場合には、建築技術上の限界内であれば、マンションの場合にはない拡張性というものがある、ということなのです。